介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

国家試験を受験して介護福祉士資格を取得する方法

福祉系高等学校を卒業し国家試験を受験する

 

高校進学の早い時期から介護の仕事を目指す場合や、
資格取得を目指す場合は「福祉系高等学校」などに入学し、
福祉に関する科目52単位を修め、卒業と同時に国家試験を受験し
合格を目指すコースがあります。

 

受験する年度によって、受験資格内容が変わります。
その都度、財団法人社会福祉振興・試験センターで確認してください。

 

実務経験を3年以上積み国家試験を受験する

 

介護福祉士国家試験を受験するために必要な実務経験は、
受験資格となる施設や事業、職種の範囲が決められています。

 

(1) 社会福祉施設等

 

児童福祉法関係の施設・事業
障害者自立支援法関係の施設・事業
老人福祉法・介護保険法関係の施設・事業
生活保護法関係の施設
その他の社会福祉施設など

 

(2) 病院の病棟または診療所

 

(3) 介護等の便宜を供与する事業

 

そして、3年以上、寮母や保育士、ホームヘルパー、介助員として
介護に直接従事した人が受験できます。
ただし、社会福祉施設の生活指導員など、
相談援助業務を担当する者や病院などの医療従事者、
医療相談員などの実務経験は、受験資格に該当しません。

 

実務経験期間は、現に就労した期間で、3年以上、日数で言えば1095日以上で、
かつ、従業日数が540日以上を必要とします。

 

* 平成27年度の試験からは実務経験に加え、6ヶ月以上450時間の
養成施設の過程を修了する必要があります。

 

2年制の通信教育を受け国家試験を受験する

 

通信教育で介護福祉士をめざすこともできます。
たとえば、NHK学園専攻科社会福祉コース「介護福祉士専攻」などです。
受講資格は、高等学校を卒業した人で、期間は2年、
学費は2年間で30万円ほどとなっています。
通信教育は自宅学習がベースになっているので、
働きながら資格の取得を目指しています。