介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士の職場の魅力

近年は、不況などにより就職することが困難な時代となっています。
ですが、高齢化や介護ニーズの増加により、
福祉関係の仕事は、他の業種に比べて就職や転職しやすい状況にあります。
ですから、より好条件の職場を探すことができます。

 

介護福祉士の国家資格は、一度登録すると再登録などの必要はなく、
現場を離れても有資格者として仕事に復帰することができます。
勿論、国内であれば、どこでも介護福祉士として働くことができます。

 

さらに、福祉の職場は「訪問系」、「通所系」、「施設系」など、
色々な系統があり、企業や法人の種類、配属される部署、役職などによっても、
勤務形態、給料、業務内容、勤務時間、残業の有無など様々です。
ですから、ライフスタイルや給料、勤務時間など、
自分にとって最適な優先条件に合わせた職場を選択することが可能です。

 

仕事に就いた後は、一介護職員として活躍するだけでなく、
ケアスタッフリーダー、サービス提供責任者、事業所の管理者などの
役職に就く事もできます。

 

就職活動をする際には、まず、自分の中で優先条件を決めて起きましょう。
そして、優先条件を満たしている職場の種類をピックアップして搾り、
たとえば、優先条件が「給料」の場合は、夜勤手当が支給される施設系や居住系、
残業が多い職場などというように絞り込んでいきます。

 

介護福祉士として福祉の仕事に就くと、
働く町の地域と密着しているので、地域性が分るというメリットがあります。
地域の世間的特性や風習的特性、地理的特性など、
様々な特性を知ることが出来るでしょう。
地域の特性を知ることにより、その地域に住んでいる利用者に対し、
自立支援を図る場合や利用者とコミュニケーションを図る場合など、
サービスノ提供に役立ちます。

 

利用者の居宅を訪問する訪問系サービスや、
地域に住む利用者が事業所に通う通所系サービスでは、
利用者やその家族の生活習慣だけでなく、
利用者宅周辺の地域特性を理解することで、
より良いサービスを提供することができるでしょう。

 

地域的な特性を知ると、「坂道があるから高齢者は大変だろうな。」とか
「今日は●●社のお祭りがありますね。」など、会話作りにも役立ちますし、
地域住民のつながりが多い地域では、
「個人情報の保護を今まで以上に徹底しないと・・」などの気配りもできます。