介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護の仕事

近年、「介護」という言葉はとても身近な言葉になっています。
2000年に介護保険制度がスタートし、テレビや新聞、雑誌、インターネットなどのメディアでも、
「介護」についての様々な話題が取り上げられています。

 

介護は、高齢者や障害者の日常生活を援助する仕事です。
専門的に、高齢者や障害者の日常生活を援助しようと思うと、
介護を必要とする人の、色々な生活上のニーズを受け止めることが必要ですし、
それぞれの人の機能能力にあった援助をしていくことが大切になってきます。
また、介護をする際には、その人それぞれの個性的な生きかた、
考え方、生活にも触れることになります。
より良い介護をするためには、人間関係を築くことが大切で、
その人間関係を基本として介護を受ける人のニーズに応えていくことになります。

 

介護の仕事は、資格がなければできないという仕事ではありません。
ですが、超高齢化社会を迎え、福祉に対する関心が高まっている昨今、
介護の専門職である介護福祉士の資格を必要とされることが多くなってきました。

 

介護福祉士を目指そうと考えている人の中には、
「福祉の仕事に興味がある」、「人と接することが好きなので福祉の仕事がしたい」、
「老人ホームにボランティアに行ったら喜んでもらえたので、もっと専門的な介護士を目指したい」、
「人の役に立つ仕事がしたいので転職をしたい」、「ホームヘルパーからスキルアップして介護福祉士の資格をとりたい」、
「祖父母や両親の介護をする時のために、自分自身が介護のプロになりたい」など考えている人が多いと思います。
そして、人の役に立ちたいという気持ちは誰もが同じです。