介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士試験は常識を働かせて得点する

介護福祉士国家試験は、「合格させるための問題」が多いです。
厚生労働省は、介護福祉士をより多く育てたいと考えています。
ですから、引っ掛け問題のような受験者を迷わせるような問題は殆どありません。
日頃から介護の仕事に従事しているのであれば、
常識を活用することで4割は得点できるようになっているはずです。

 

合格基準は6割です。
ですから、あと2割分を学習すればよいわけです。
無駄な勉強はせず、2割を確実に得点できるような勉強をすることが大切です。

介護福祉士試験の文化に馴染むことで得点できる

現在、色々な資格試験があります。
そして、その資格試験はそれぞれの性格や雰囲気を持っています。
つまり、資格試験それぞれに「文化」があるのです。

 

介護福祉士の資格に介護福祉士試験の文化があります。
その文化に馴染むことで得点できます。

 

介護福祉士の資格の文化に馴染むためには、過去の問題を解くことです。
第24回の試験からは新科目になっていますから、
予想問題集を繰り返し解いて、介護福祉士資格の文化に馴染んでみてください。
3回以上繰り返してとくことで、効果が表れるはずです。