介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士の合格のためのスケジュール

介護福祉士試験を目指す人の殆どは、働きながら合格を目指していることが多いですよね。
決して簡単な試験ではありませんから、生半可な気持ちでは合格できませんし、
働いたり、家事をしながらの勉強になりますから、学習時間が十分に確保できないなど、
大変な部分も多いようです。

 

限られた時間内で効率的に勉強を進めるためには、
学習方法を考える事も必要ですが、
実際の試験日から逆算してスケジュールをたて、
計画的に勉強を進めていく事が大切です。

介護福祉士試験合格のためのスケジュール例

(1) 1〜7日:介護福祉士試験のイメージをつかむ
(2) 7〜30日:予想問題集を解く
(3) 7〜30日:弱点の克服
(4) 7〜30日:要点の整理
(5) 7〜14日:暗記物の整理
(6) 1〜7日:模擬問題による練習

介護福祉士試験合格のためのスケジュール例の詳細

(1) 介護福祉士試験のイメージをつかむ

 

まず、介護福祉士試験の全体のイメージをつかみましょう。
イメージをつかむためにかける時間は1〜7日間ほどで。
どのような問題が、どのような形で出題されているのか、全体像を把握します。

 

・何科目あるか
・出題数は何問あるか
・出題はどのような形式か
・自分の実力からみると難易度はどうか
・何点以上で合格か

 

などを把握します。
そして、合格するために何が必要かを分析し、
実現のために何をすべきなのかをイメージしましょう。

 

(2) 予想問題を解く

 

予想問題を一週間から一ヶ月くらいかけて解いてみましょう。
過去3年間の試験問題を解くのが理想的ですが、
第24回の試験から新科目になっています。
新科目に対応した予想問題集を最低3回は通してやってみてください。
できなくても、気にせず、まず一通り問題を解いてみましょう。

 

間違えたいた部分、正解しても理由を説明できない部分は開設を読んで確認し、
それでも十分に理解できなければテキストや参考書で調べてみましょう。
しかし、この時点では、あまり几帳面に調べる必要はなく、
どんどん先に進み問題をこなすことが大切です。
問題をどんどん解くことによって、問題のイメージを把握することができます。
間違った問題はチェックしておき、試験近くにもう一度確認しましょう。

 

(3) 7〜30日:弱点の克服

 

予想問題集を解くと、自分の弱点がわかります。
参考書などを使って弱点の克服をしましょう。
参考書などをじっくり読み、サブノートを作るなどしても良いと思います。
暗記が必要な科目を強化しましょう。

 

(4) 7〜30日:要点の整理

 

全体について要点の整理をしましょう。

 

(5) 7〜14日:暗記物の整理

 

暗記するものを整理し、重要ポイントを落とさないよう、
間近に迫った試験に備えましょう。

 

(6) 1〜7日:模擬問題による練習

 

本番の試験と同じように、マークシート方式の模擬問題を解きます。
一問当たりにかけられる時間は限られるので、
どのくらいの時間をかけることができるか感覚を身体で覚えましょう。
公開模擬試験などを受けてみるのもおススメです。

 

また、答案は合っているのに、マークシートの塗り方が雑で誤答になってしまったり、
丁寧に塗ろうとして解答時間が少なくなってしまうなどの失敗も考えられます。
正確にマークシートを塗る練習を一回はやっておくと安心です。