介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士から介護支援専門員へキャリアアップ

介護福祉士から介護支援専門員へキャリアアップできます。

 

介護保険制度において、利用者が心身の状況にあった適切な介護サービスを利用できるよう、
介護サービス計画(ケアプラン)を作成したり、
サービス事業者や介護保健施設と連絡調整を行う専門職のことを「介護支援専門員(ケアマネジャー)」といいます。

 

介護支援専門員になるためには、「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」を受け、
合格することが必要です。
「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」は、
都道府県が年一回実施しています。
「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」の受験資格は、
所定の職種(保健・医療・福祉の分野)5年、または10年以上の実務経験が必要になります。

 

この試験に合格し、介護支援専門員実務研修を修了すると
修了証明書と登録証明書の交付を受け、初めて介護支援専門員(ケアマネジャー)になることができます。

介護支援専門員養成の流れ

対象者(受験資格): 保健・医療・福祉分野で5年以上(一部の職種では10年以上)の実務経験が必要

 

試験に合格する: 介護保険制度や要介護認定、介護支援サービスに関する必要な専門知識機を有することを確認するための試験

 

実務経験: 介護支援専門員の業務に関する演習などを主体とする研修を行う

 

登録: 実務研修の修了証明書、登録証明書が都道府県から交付される

 

業務に従事: 居宅介護支援事業所や介護保健施設などで、介護サービス計画作成などの業務に従事する

日本介護福祉士会のキャリアアップ研修

介護に関する専門的な教育や研修を行い、
介護の専門性を高め、介護福祉士の資格の向上や
介護に関する知識や技術の普及を図ることを目的に活動しているのが、
全国の介護福祉士のための職能団体「日本介護福祉士会」です。

 

日本介護福祉士会は、国家試験受験で資格を取得した会員や、
介護福祉士の養成施設を卒業した会員が共に学びあう場となっています。
そして、介護の専門家としての活躍の場を提供しています。

 

日本介護福祉士会が行っているキャリアアップのための主な研修会には、
「全国研究大会」、「各ブロック活動」、「ケアプラン実務者研修」、
「ケアマネジャー養成研修」、「県別研修会」などがあります。
これらの研修会に申し込みをする場合は、
社団法人日本介護福祉士会のホームページを見てみてください。

全国社会福祉協議会のキャリアアップ支援

福祉人材センターは、社会福祉協議会が運営しています。
そして、社会福祉協議会は、福祉従事者の資質の向上支援も行っているので、
介護福祉士資格を取得した後も、介護支援専門員や社会福祉士などの資格取得に関する相談や助言、
情報提供などのサポートをしてくれます。

 

また、介護福祉士のキャリアアップと、小規模チームのリーダー養成を目的とした
「ファーストステップ研修」を実施したり、
キャリアパスの構築など、介護福祉士の資質や地位の向上にも力を入れた活動をしています。