介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士の求人情報の収集方法

介護福祉士の求人情報の収集方法はいろいろあります。

 

・公共または民間の職業紹介所をチェックする
・福祉人材センターを利用する
・ハローワークを利用する
・新聞や折込チラシ、求人情報誌、業界紙を利用する

 

公共・民間の職業紹介所

 

職業紹介には、求人の斡旋を無料で行う公共のものと、
有料もしくは無料で行う民間のものがあります。
養成施設によっては、施設に来た求人情報を卒業生や
一般の求職者にも開放しているところもあります。

 

福祉人材センター

 

福祉人材センターは、職業安定法に基づいて
構成労働大臣の許可を受け、無料で職業紹介を行っています。
福祉の仕事探しのサポートをするために、
各都道府県に一箇所ずつ、都道府県社会福祉協議会に設置されています。

 

ただ、福祉事業に関わる本人のみなので、
職業紹介を行うことができる求人は、社会福祉事業を行う福祉施設、医療法人、
株式会社や有限会社など営利法人、農協、生協、財団法人、社団法人などで行う社会事業が主の対象となっています。

 

福祉人材センターの職業紹介を利用するためには、来所し、
職業の斡旋をしてもらう方法と、インターネットを利用する方法があります。

 

福祉人材センターでは、福祉の仕事説明会(就職フェア)や再就労講習会、
福祉講座なども開かれていますから利用してみましょう。

 

ハローワーク

 

厚生労働省による公共職業安定所をハローワークといいます。
ハローワークでの相談は全て無料で、
地域の総合雇用サービス機関として求職をサポートしています。

 

ハローワークでは、職種ごと、地域ごとに新着求人がすぐに分るようになっていて、
パソコンが設置されているので、利用者は求人の申し込みを行い、
ハローワークカードを受け取ってから求人を探します。

 

新聞や折込チラシ、求人情報誌、業界紙

 

新聞や新聞の折込みチラシ、福祉専門求人情報誌、福祉専門業界紙などで
福祉や医療、福祉関連企業の求人広告を探すことができます。
また、地方の求人情報誌や広報誌などでも求人情報が出ていることがあります。
漏らさないようにチェックをしましょう。

 

さらに、インターネットでも求人情報を検索することができます。
紙媒体の求人情報は、インターネットでも検索できることが多いです。
人材紹介会社のサイトのみで求人を行っている事業所もあります。

 

施設に求人募集をしているか直接訪ねてみたり、
福祉関係者の知人に紹介してもらうなど、色々な求人情報収集法があります。

 

 

介護福祉士の採用試験は、書類審査と面接審査のみの施設もありますし、
一般常識を中心とした筆記試験、作文が一次試験として行われ、
二次試験に面接が行われるところもあります。

 

福祉施設採用の場合の面接は、種別を理解し、
どのような介護を目指したいのかという介護観が求めらます。
そして、介護の仕事は人と向き合う仕事ですから、
当然、ヒューマンスキルも求められます。

 

日頃から社会情勢について新聞やテレビニュースなどから情報を収集し、
見識を広めておくことが大切です。