介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士の求人情報

介護福祉士の資格は、福祉関係の事業所や施設などに就職しなければ、
介護福祉士の資格を活用することはできません。

 

介護福祉士の資格取得をしたら、福祉の現場の経験が無い人は、
介護福祉士という資格を履歴書に記載し、
新しい環境である福祉関係の事業所や施設などに就職することになると思います。
また、既に福祉の現場で働いている人は、
継続して今働いている事業所や施設で働いたり、
資格取得を機として、より条件の良い福祉関係の事業所や施設などに転職する人もいるかもしれません。

 

介護福祉士の求人情報は、不況に負けることはありません。
長きにわたる不況に伴い、就職が困難な時代となり、
テレビや新聞などでは「失業者増加」、「有効求人倍率の低下」というような文字が並んでいますが、
介護や福祉の仕事では、事業所や施設を選びさえしなければいつでも仕事は溢れている状態です。
具体的には、福祉人材の有効求人倍率は1.5倍で、
求人者1人に対し、求人が1.5人ある状況が続いています。
今後はますます増えていくかもしれませんね。

 

つまり、福祉の仕事は、他の業種に比べると比較的就職や転職に有利であるといえます。

 

また、福祉関係の求人を見てみると、介護職が最も多い状況があります。
最近の傾向としては、初めから常勤で採用することは少なく、
より良い人材を確保するために、最初は非常勤やパートタイマーとして採用し、
見込みがあると判断すると、常勤職員として採用することが多いようです。