介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士試験の合格基準

介護福祉士試験の受験者数は年々増えています。
そして、介護福祉士試験の合格率は以前は50%ほどでしたが、
近年は60%を超えるようになり、年々、合格者も増えています。
筆記試験は、各科目群全てにわたり得点が必要です。
介護福祉士という専門知識をもった人が一人でも増えることが望まれます。
どれも重要科目ですから、頑張って勉強しましょう。

筆記試験の合格基準

筆記試験の合格基準は、以下の2つの条件があります。

 

(1) 総得点120点に対して60%程度を基準とし、
問題の難易度で補正した点数を基準とする

 

(2) (1)の点数を満たし、各科目群全てにわたって得点が必要  
     (0点の科目群があった場合は合格にはなりません)

 

筆記試験の得点については、合否の通知を受け取った日から起算して
60日以内に受験者本人からの文書による申請によって
得点の照会をすることができます。
実費800円と振り込み手数料がかかります。

実技試験の合格基準

筆記試験に合格した人のみ、実技試験を受けることができます。
実技試験の合格基準は、総得点のうち60%程度を基準とし、
課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を実技試験の合格者としています。

 

また、実技試験のほかに、介護技術講習を受けて実技試験を免除されるという方法もあります。

 

実技試験の得点は、発表されず知ることはできません。

 

* 合格基準については、毎回試験センターに確認することができます。
詳細については確認してみてください。

介護福祉士試験の難易度

介護福祉士という職種は、現在も、そして超高齢化社会を迎える今後も求められる職種です。
時代に求められ、介護福祉士国家試験の受験者数は年々増加の傾向にあります。
合格率は、従来は50%、そして近年は60%と少し増加しています。

 

介護福祉士試験の難易度については、一概に容易ということもできませんし、
難しいという事もできません。
ですが、介護保健制度の成熟にともない、様々な制度が新しく導入されています。
ですから、学習する範囲も幅広くなり、試験は難しくなっている傾向にあるといえます。

 

介護福祉士国家試験は、女性や働きながら合格を目指す方が多い試験です。
仕事や家事と勉強を両立させることは、簡単なことではありません。