介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士受験の試験日程と手続方法

介護福祉士は、国家資格です。
試験は、毎年1月下旬に筆記試験が行われ、
筆記試験に合格すると3月上旬に実技試験が行われます。
平成17年度試験(第18回試験)からは、
実技試験に代わって「介護技術講習」が行われ、
この講習に修了すると実技試験の受験が免除されるという制度も導入されています。

 

介護福祉士国家試験の受験申し込み手続きの詳細は、
毎年6月中旬から7月中旬頃に発表され、官報や福祉新聞などに掲載されます。
また、介護福祉士国家試験センターのホームページなどからも
情報を得ることができます。

 

介護福祉士受験申し込みの受付は、毎年8月から9月にかけてです。
提出書類を確認し、不備の無いように申し込みをしましょう。

 

介護福祉士の受験手数料は10650円です。
変動がある場合もあるので、確認してください。
受験手数料を申し込みの際に支払います。

 

また、受験の手引き(受験申し込み書類)に600円が別途かかります。

 

料金の支払の際は、所定の払い込み用紙を使用してください。

介護福祉士の試験地

介護福祉士の筆記試験は、全国の主要都市28箇所で行われます。
遠隔地の受験者は、自ら宿泊の手配をする必要があるので、早めに準備しておいてください。

 

筆記試験の試験地

 

北海道、岩手県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、
京都府、兵庫県、島根県、岡山県、愛媛県、高知県、長崎県、大分県、熊本県
実技試験が実施されるのは、全国主要都市12箇所です。

 

実技試験の試験地

 

北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、
香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

介護福祉士の合格発表

介護福祉士の合格発表は、毎年3月下旬に行われます。

 

厚生労働省、及び公益財団法人社会福祉振興・試験センター、ホームページに掲載されます。
合格証書および不合格の場合もその旨が郵送にて交付・通知されます。

 

試験日程の発表から介護福祉士としての資格登録まで一年弱かかります。
年間スケジュールをしっかりと立てて、合格に向けて頑張りましょう。

 

・6月〜7月 受験願書の取り寄せ
・8月〜9月 受験申し込み(実技試験受験or介護技術講習受講を選択)
・1月   筆記試験
・3月    実技試験
      合格発表
      介護福祉士資格(登録)