介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士にプラスして取得したい資格

介護のニーズは多様化し、複雑化しています。
高齢化によって介護が必要な人は増加し、
介護や福祉を仕事とする人も増えつつありますが、
多様化し複雑化している介護のニーズに応えるためには、
介護福祉士の資格だけでは不十分な現状もあります。

 

そのため、介護福祉士の資格にプラスして、
福祉や介護に関連する資格、たとえば、社会福祉士や、
福祉住環境コーディネーター、介護支援専門員(ケアマネジャー)、
手話通訳士、保育士、調理師、介護職士などの資格を取得する人が増えています。

 

介護福祉士の資格にプラスして、このような資格を取得することにより、
仕事の幅を広げることができますし、
他者との差別化をはかることもでき、就業機会や収入アップを狙う事もできるようになります。

 

たとえば、介護福祉士の資格にプラスして、
社会福祉施設などで身体や精神に障害がある人から福祉に関する相談を受け、
助言や指導、援助を行う国家資格である社会福祉士の資格を取得すれば、
介護福祉士として介護の仕事を行うだけでなく、
相談援助業務も専門的な知識と技術を生かして行うことができます。
つまり、相談者に対して、総合的な支援を提供することができるようになるのです。

 

介護福祉士の養成施設では、介護福祉士の資格だけではなく、
社会福祉士や、福祉住環境コーディネーター、介護支援専門員(ケアマネジャー)、
手話通訳士、保育士、調理師、介護職士などの資格を同時に取得できるようなカリキュラムを用意しているところが多くなっています。
また、このような資格の受験資格を満たしていれば独学で取得する方法もあります。

 

介護福祉士として活躍していくためにも、
このような資格と組み合わせることにより、仕事の幅が広がり、可能性も拡がります。