介護福祉士の資格をとる方法【介護福祉士になるには?】

介護福祉士養成施設を卒業して介護福祉士資格を取得する方法

「介護福祉士養成施設」とは、
構成労働大臣が指定する介護福祉士になるための養成施設のことで、
「介護福祉士養成施設」と指定されている専門学校や短期大学、4年制大学のことをいいます。

 

介護福祉士養成課程を卒業

 

高校卒業以上の人が、介護福祉士養成課程を設置している
4年制大学、短期大学、専門学校など2年制以上の養成施設に通学し、卒業すると、
国家試験を受けずに介護福祉士の国家資格を取得することができます。
3年以上の実務経験が無い場合や、高校を既に卒業している人が
介護福祉士の資格を得ようとするときにおススメな方法です。
自分が住んでいる地域の近くに、介護福祉士養成課程を設置している学校があるかどうかを調べてみましょう。

 

養成施設の中には3年以上の夜間部を設置しているところもあるので、
働きながら学ぶことができます。
ただし、国家試験はありませんが卒業時、
介護福祉士養成施設協会が実施している全国共通試験があります。
(平成27年度、つまり平成28年1月の試験から資格取得制度が一元化され、
養成施設を卒業した人も、国家試験を受験しなければならなくなります。)

 

養成課程では、介護福祉士として必要な、法で定められた指定科目を学びます。
教育学習以外にも、介護技術などを学ぶ実技科目があります。
さらに、介護老人福祉施設などでの介護実習(学外実習)も義務付けられています。

 

福祉系大学等と介護福祉養成施設で学ぶ

 

厚生労働省の指定する養成施設で必要とされる科目を履修すると、
国家試験が免除されます。

 

(1) 保育士資格を持っている

 

保育士資格を持っている場合は、一年制の養成施設(夜間の場合は二年)に入学することができ、
卒業と同時に介護福祉士となる資格を取得することができます。
ですが、保育氏の資格を国家試験で取得した場合は、
2年以上の養成施設への入学が必要です。

 

(2) 社会福祉士受験資格を持っている

 

社会福祉士受験資格を持っている場合は、一年制の介護福祉士養成施設に入学することができ、
卒業と同時に介護福祉士の資格を取得することができます。

 

(3) 福祉系大学を卒業した

 

福祉系大学を卒業した場合は、一年制の介護福祉士養成施設に入学することができ、
卒業と同時に介護福祉士の資格を取得することができます。